私立大学で行なわれる入試日程は自分で決める|合格の鍵

受験を成功させる

スケジュールの把握が大事

学生

国立大学と違い、数が多い私立大学の入試日程はしっかり把握していないと大変です。
特に複数の私立大学を受験する方は、入試日程を調べておかないと同日に受験日がある大学へ願書を申し込む事態も起こりかねません。
地方から上京して受験する方も、各私立大学の入試日程を調べて無理のないスケジュールを組むようにしましょう。
どのように私立大学の入試日程を把握するかについては、まとめられているサイトの情報をチェックするのが最も参考になります。
それを見れば自分が受けたい大学の入試日が、他の大学とバッティングしないかどうかひと目でわかります。
まずは受けたい大学をリストアップし、その入試日程を調べます。
バッティングする場合にはどちらかをあきらめて一つに絞るといった作戦が有効です。
こうして受験したいい私立大学の入試日がわかったなら、次に願書に書き込んで送付します。
願書にも締切日が決められているので、それに送れないよう早めに送付すると安心です。
申込みには、受験料を事前に払うことが要求されます。
願書の中に同封されている払込用紙を金融機関に持っていき、払込証明書を願書と一緒に封筒に入れて大学へ送付します。
申込みはこれで完了するので、後は届いた受験票とともに入試が行われる日に受験するだけです。
なお入試日程については、当日の気象状況などによって変更されることがあります。
急な変更に対応するためにも、受験する私立大学の連絡先を控えておくのがおすすめです。

効率よく受験しよう

勉強

これから大学受験を控えている人で、どのように受験すると効率よく試験を受けることができるかあまりよく知らない人は、まずは情報収集することからはじめましょう。
大学には国立大学・公立大学・私立大学がありますが、特に私立大学は、高校三年生の夏ごろから推薦入試がはじまるため、一足早く入学試験を受けることができます。
入試日程は各私立大学で異なるため、受験を見据えた高校2年生ごろから、インターネットや志望校のオープンキャンパスや進学説明会などに足を運び、情報を入手しておくと計画を立てやすいです。
推薦入試にもいろいろあり、各高校での指定校推薦やAO入試、公募制入試など種類は様々です。
冬になるとまず1月にセンター試験があります。
センター試験は、国公立大学を目指す人が受験するイメージがあります。
しかし、センター試験の点数のみで合否を出してくれる私立大学もあります。
そのため、該当する教科のセンター試験を受けておくと、合格への道が広がります。
1月後半から私立大学の入試がはじまり、3月ごろまで試験がある私立大学もあります。
事前に入試日程を知っておけば、効率良く、そしてバランス良く、自分の受験する入試日程を決めることができます。
試験を連日受験するのは疲れますし、遠方の大学を受験する場合は移動にも時間がかかりますから、負担が大きすぎないように入試日程を組むことが大切です。
受験日を決めたら、それぞれの願書を提出して、合格目指して試験で全力を出し切りましょう。

志望校に受かるために

学生

大学受験をするときは、志望校といわゆるすべり止めの学校を少なくとも2つの学校を受験するようにアドバイスされると思います。
特に国公立大学を志望するときは、求められる学力が比較的近い私立大学も受験するように言われると思います。
その理由は、志望校を受ける前に受験経験を積むことで、普段通りの実力が出せるようにするためです。
国公立大学は多くの大学で同じ入試日程となるため、国公立大学を併願することは難しいです。
しかし、私立大学は多くの学生を獲得するために、様々な入試日程を用意しています。
なので、条件さえ合えば、同じ大学に複数回受験することもできます。
私立大学は、いわゆる滑り止めのための受験をする人がいることも前提に、国公立大学よりも複数の入試日程を用意しています。
受験生の選抜方法は筆記試験であったり、面接であったりと様々ですが、多くの受験生が受ける筆記試験の日程だけで見ても、早い学校では1月から行われます。
その後国公立大学の日程を避けるように各大学が入試日程を設定し、3月の最後まで受験生を受け付ける学校まであります。
大学受験をするときはまず志望校を決め、その受験日時を確認します。
その後受験校を1校のみにするか私立大学を含めて複数受けるかを検討します。
具体的に受験校を決めたら入試日程を確認して、予定が被らないようにスケジュールを作ります。
受験対策をすることも大切ですが、受験の間隔があまりにも近いと体調管理が難しくなったり、前回の反省をする間がなかったりと実力が発生できなくなります。
志望校の日程を優先しつつ無理のない範囲で複数校受験をすることが大切です。

志望学部に入るには

大学生

理工系の学部を志望しているけれども、どの大学に進学すればよいか分からないという受験生やその親御さんにとって、エフラボは非常に有用な情報ソースです。学部の情報だけでなく、学生や卒業生の情報が満載です。なので、入学後の学生生活をイメージするのに使えるでしょう。

もっと読む

個別式学習塾の活用法

女生徒

尼崎では、苦手科目克服のために、個別指導塾に通う生徒が多いです。予習で疑問点をまとめておき、授業ではその解決のための質問に時間を割くといった、講師と一対一になれることをフルに利用する、工夫をおすすめします。また、授業のない日でも自習室に通うようにすると、自習の習慣づけに大いに役立つでしょう。

もっと読む

ゼミ生の親睦を深める機会

学生

ゼミ合宿を開催する一番の目的は勉強ですが、他にも仲間との親睦を深めるという大切な目的があります。普段とは違う環境の中で、親睦会のようなものを開けば、今まで親交のなかった人とも仲を深めることができるでしょう。

もっと読む